軽さと機能で選ぶ「次世代ランドセル」

ホーム軽いランドセルの魅力 > 軽さと機能で選ぶ「次世代ランドセル」

ここから本文です。

「定番」ランドセルの限界

小学生の通学かばんの代名詞として、長く、幅広く愛用されてきたランドセル。これまでは、皮革製の大きなものが普通でした。
お父さんやお母さんが、子どもの頃に使っておられたのも、おそらく皮製の大きな、重いランドセルだったのではないでしょうか。

しかし近年、教育のあり方やライフスタイルなどが変わってきている中で、ランドセルにも、いろいろなニーズが生まれてきました。
たくさんの教科書や教材を入れられる大きさ、6年間使える丈夫さ、子どもたちのファッションセンスを満足するデザイン…。
中でも一番は、「お母さんのチョイス」にもあるように、毎日使う負担が少ない「軽さ」です。

そうなると、いわゆる「定番」だった皮革製ランドセルでは、機能的に限界があります。
それまでになかった、全く新しいランドセルが、求められてきているのです。

大きすぎるし重たそう

「軽さ」と「機能」を追求したランドセル「Dランド」

私たちダイワホーサンは、「子供たちのために、時代に合った、もっと良いランドセルができないか?」と、2002年、新しい通学かばんの開発を始めました。

求めるのは、何はなくとも「軽い」こと。
そして、お子さんや親御さんの、いろいろなニーズを満足する機能性。
それまでのランドセルを否定するのではなく、品質や機能を高め、さらに子どもたちの健康面も考えながら、ランドセルのあり方を追求していきました。

そうして完成したのが、とびきり軽くて、丈夫で、優れた機能を持つ、次世代のランドセル「Dランド」なのです。

「Dランド」が目指したもの

「軽さ」

毎日、たくさんの本や教材を持って通学する子どもたちにとって、ランドセルの重さは、大人が想像する以上の負担となります。楽しい学校生活のために、ランドセルの「軽さ」は必須と考えました。

「丈夫さ」 「超撥水」

「6年保証」

子どもたちは、登下校や総合学習などでかばんを持って校外に出ます。「Dランド」は、どんなシーンにも使え、6年間、使い続けられる耐久性を追求しました。 学校で使う、大切な教科書やノートは、すべて紙製。雨や水に、とっても弱いものです。だからランドセルには、しっかりとした「防水性」が欠かせません。 「Dランド」の保証期間(有償補修を含む)は6年。大切なお子さんの成長過程を、少しでも長く、良きパートナーでありたいとの思いがあります。

このページの先頭へ