会社概要

ホーム > 会社概要

ここから本文です。

代表者ごあいさつ

代表取締役 辻本勝次

 1966年(昭和41年)3月創業以来、私達は大和の国(日本国)で縫うことにこだわり、時代が求める新しい価値を産み出し続けてまいりました。そして時恰も2016年、弊社は創業50周年の佳節の時代(とき)を迎えさせて頂きました。数多の関係する皆様のご支援、ご協力のお蔭と満腔の謝意を捧げるものであります。

この50年を思い返せば、私たちは幾多の厳しい試練、大きな壁に遭遇してきましたが、それらに対して常に真正面から向き合い、それらを乗り越える覚悟をし、また果敢に挑戦することで貴重な教訓・知識・技能・技術を獲得すべく日々精進してまいりました。

時代は絶えず変化をし、その変化に対応しなければ企業の存続はあり得ません。1994年(平成6年)以降、私達は〝21世紀に活躍出来るグッドカンパニー″を目指し、単なる加工業から自立型メーカーへの転換を図ってまいりました。すなわち、自社ブランドを確立し、自主販路を構築し、価格決定権を確保する事こそが〝21世紀型企業″として存続出来得ると確信し、全社一丸のベクトル合わせで取り組み22年。

今もその道程は険しく、現状その成果は不十分と言わざるを得ません。しかしながら、次の50年への礎は築けたのではないかと自負しております。次代を担う若い世代が、社是や経営理念に基づき、縫うことにこだわり、培って来た知見や技術を開発商品に注ぎ込み、日本のみならず世界に発信してくれるものと、私は大いなる期待をしております。何卒、皆様の倍旧のご支持、ご支援、ご協力をお願い申し上げます。 

概要

社屋と加工場

商号 株式会社ダイワホーサン
創立 1966年3月3日(昭和41年)
設立 1988年7月2日(昭和63年)
資本金 3,000万円
代表者 代表取締役 辻本勝次
社員数 26名
本社 奈良県宇陀市大宇陀野依220番地の3
TEL 0745-83-2785
FAX 0745-83-3524
E-mail info@h-daiwa.co.jp
カッティングセンター 奈良県宇陀市大宇陀野依351番地
事業内容
  • カバン関連事業部
    創業以来50年に亘り、時代の変遷とともにニーズやウォンツに対応したバッグの製造を行ってまいりました。
    現在は、使う側との直接対話を営業コンセプトとして学校を中心に、通園・通学・通塾バッグやクラブ・チームバッグを中心とした規格提案型商品の開発を主要業務としています。
    奈良県工業技術センターや帝人(株)、YKK(株)、信州大学繊維学部との共同開発により通学カバンの主要素材である「テグラン」「T.エンペラー」「Jハーバード」の3種類の通学カバン専用生地の開発に成功。高い耐水性、軽量性、デザイン性を備えた「Dランド」シリーズは、“ランドセルの概念を超えた新世代のランドセル”として高評価を獲得。リーズナブルな価格でより多くのユーザーへの提供を目指しています。

  • 列車・自動車用品関連事業部
    環境問題への意識の高まりから、我が国の高い技術力を活かしたハイブリッド車や電気自動車、燃料電池車等への期待が高まるなど、将来的にも自動車は、私たちの生活において不可欠な存在です。
    当社では、シートカバーやボディカバーをはじめ、より快適で個性的なカーライフを実現させるためのカー用品の生産を行っています。

  • 福祉・介護・介助関連事業部
    現在日本は、高齢率27%と過去最高を更新し、平成72(2060)年には39.9%に達すると予想されています(内閣府)。
    その「超高齢社会」の中で、高齢者の方が快適に生活を営み、そして現役で活躍できる商品を、また現役世代の負担軽減商品(介助ロボット)の開発を、BtoB、BtoCを問わず縫製に関する長年の知見とノウハウを活かして取り組んでいます。

  • 防災関連事業部
    現在日本(日本国民)は、自然災害やテロにさらされており大きな脅威となっています。どのようにして国民の生命を守り、安全・安心社会を築くかが真剣に考えられています。
    公共交通機関での迅速な避難を可能にする。災害時に「いのち」を守る。そのような商品開発を、半世紀蓄積された知見や縫製技術などを活かして取り組んでいます。

経営理念

一、私達は、一人ひとりが良き社会人としての自覚と誇りを持ち、より良い製品・技術・サービスを提供することで社会に貢献します。
一、私達は、社会に広く深く関わり、働く事を通じて共に学びあい、自律と自立をはかる人間集団をめざします。
一、私達は、時代と市場の変化を先取りし、新しい価値を創造して、常に企業の革新に挑戦します。
一、私達は、お客様のニーズに高い次元でお応えすることにより、物心ともに豊かさが味わえ、働きがいのある企業をめざします。

沿革

1966年 辻本縫工所として個人創業
1971年 ニクソンショックにより輸出業から国内バッグ(アディダス・アシックス・ミズノ)の加工業へ事業転換
1980年 自動車用品、インテリア用品など異業種へと事業拡大
1982年 裁断工場建設
1985年 G5プラザ合意により超円高となる
1986年 本社工場建設
1987年 リビングインテリア用品(ブリジストン化成品)への事業進出、及び通園・通学バッグの企画開発業務を開始
1988年 “株式会社ダイワホーサンとして設立(資本金1,000万円)”
メッシュスクリーンの生産開始
1990年 新倉庫建設
1993年 カッティングセンター建設竣工
CAD、CAMシステム導入
1994年 ”資本金2,000万円に増資”
営業Ⅱ課新設
加工業から製造販売業への転換(自社ブランド、自社販売の確立)
1995年 営業III課新設
1996年 奈良県知事より高機能通学カバン研究開発事業認定
ならグッドデザイン展ファッション部門受賞
1997年 ならグッドデザイン展ファッション部門連続受賞
1998年 独自の商品・ブランド確立へ(丸洗いエコショッピングバッグ)
ならグッドデザイン展地球にやさしいデザイン賞受賞
1999年 企画開発、新商品の開発(ビジネスバッグ、チャイルドシートカバー関連)
ならグッドデザイン展人にやさしいデザイン賞受賞
2001年 得意先との共同企画開発の拡充による新商品づくり
設備の更新(CAD、CAMバージョンアップ)と自動機導入による品質と生産性アップ
ならグッドデザイン展奨励賞受賞
2002年 総合学習対応バッグ(Dランド)の企画製造販売(百貨店)
ならグッドデザイン展地球にやさしいデザイン賞受賞
中小企業経営革新支援法の計画認定
2003年 経革法に基づく補助事業実施
ならグッドデザイン展技術デザイン賞受賞
2004年 2004年中小繊維製造事業者自立事業計画の認定
ISO9001:2000認証取得(7月)
ならグッドデザイン展ファッション部門賞最優秀賞受賞
2005年 2004年中小繊維製造事業者自立事業計画の終了
JR車輛用品(車輛カーテン)へ参入
2005年スポットラジオコマーシャル実施
2006年 設備の増設 カッティングセンターAラインへ新型CAM導入
2007年 大型コンピューターミシン導入(大型コンピューターミシンBAS-360の買い替え)
2008年 原油価格高騰
設備の増設(コンピューターミシン)自動車用品ブーツ等の生産性UPへ
(リーマンブラザース破綻)
平成20年11月より世界各国の株価大暴落 大型車の生産が激減
2009年 設備増設 超音波ミシン(ドイツ製)
島精機CG.SDSONE導入ほか
日産Z幌カバー生産へ(ライン用)
(GM・クライスラー破綻)
2010年 設備の増設及び更新(腕ミシン CPミシン ロングアームミシンほか)(MFC用プロジェクター更新)
ISO9001:2008年度版認証取得(H22年5月)
ソニー修理バッグ生産
ダイワホーサンブランドマーク制定       
自社HP・楽天市場によるインターネット販売の拡充
2011年 設備の更新 CラインのCAD CAMの入れ替え
平成23年3月11日 東日本大震災により5月まで自動車用品の全面出荷停止
原発事故による電力供給不足発生
9月新倉庫を第4作業場に改造(自動車用品・CHタイル加工その他)
(半坂倉庫借入 製品の移動)
2012年 我社の主力加工であるリアサンシェードスクリーン生産の海外移転に伴い生産数量激減
インターネット販売のさらなる拡大 ヤフーショップ・アマゾンへ(自社HPを含め4店舗)       
12月の総選挙で民主党政権から自公政権へ政権交代
2013年 カッティングセンター社屋へソーラーシステム設置22KW
我社の主力加工品であるブーツ生産の海外移転に伴い生産半減
(住江織物自動車用品の受注激減に伴い、新規取引先の確保を目指す)
2014年 インターネット販売拡大 新HP『軽いランドセル.com』増設

アクセス

Googleマップで詳しい地図を見る

このページの先頭へ